• 小野 悠介

【合同展開催のお知らせ】

【合同展のお知らせ】 5月10日(火)より6月5日(日)まで、台東区谷中のHAGISOにて、合同展示「次の生活への希望」を開催します。


きっかけは、主催の「おうちさよなら会」メンバー・杉山由香から「実家を手放して取り壊すかもしれないので、家と家族の最後の光景を残してほしい」と昨年の5月にお願いされたのが始まり。 一旦そこで完結していたものの、写真を見返すうちに思うものがあり、「一緒に展示か何かしないか?」と持ちかけ、写真と共に手放す家の思いを綴った杉山由香著の「おうちさよなら日記」の制作と、現代美術家の山本愛子さんを招いて庭の草木で新居用のカーテンを染めた「草木染め会」を経て、今に至ります。


今回は、本に使用された文章や写真、家にあった物のフロッタージュ(擦って浮かび上がらせる絵画技法)、草木染めカーテン製作の映像や制作したカーテンなどを軸に、次の生活へ希望を実験的に見出していく構成となっており、そのうち写真と記録映像を担当しています。


杉山自身のパーソナルなことを公開することによって彼女や家族にどのような影響があるかも懸念し、迷うこともありました。 また、家を手放すということはとてもデリケートな面もあり、そこに希望を持たせようという行為は、必ずしも万人受けするものではないかもしれません。


それでも、個人的なことのように思えて、実は時代の象徴とも捉えられるこの出来事。

絶対的に消えていくものが増えていくかもしれない今後において、この展示が誰かの感情や行動の広がり、支えのきっかけになるのであれば幸せです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 「次の生活への希望」 会期:2022年5月10日(火)〜6月5日(日)

時間:Morning 8:00-10:30 12:00-20:00(LO/19:30) ※不定休のため、ご来場の際はHAGISOウェブサイトをご確認の上お越しください。


会場:HAGISO (東京の谷中にある、築60年の木造アパートを改修した、カフェやギャラリーなどがある、文化複合施設です。) https://hagiso.jp/about/ 東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO (Google Map) JR山手線・日暮里駅北改札・西口より徒歩5分 地下鉄千代田線・千駄木駅・2番出口より徒歩5分


主催:杉山由香 / 林咲良 / 占部将吾 / 中山和典(おうちさよなら会) 共催:現代美術家・山本愛子 / 写真家:小野悠介


※自分の在廊担当は6月4日(土)のみですが、他の日でも来られる時はあるので、会いにきてくださる方はお声がけいただけると嬉しいです。






(2022/5/10)

0件のコメント

最新記事

すべて表示